ちょっと気になる 芸能NEWS!

芸能に関するニュースや芸能人の噂などを伝えていきます。

    テレビ



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/01/08(火) 07:00:13.30 ID:QJ+lIFX+9.net

    6日放送の『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)では、ドラマ撮影と海外ロケをこなすイモトが、体調不良を訴える場面がオンエアされた。

    体調不良を押してイモトが過酷なミッションをこなしたにも関わらず、容赦ない番組の対応に視聴者から様々な声が寄せられている。

    ■悪天候でトラブル続出の登山
    イモトは、南米・ギアナ高地にそびえる、標高2810メートルのテーブルマウンテン・ロライマ山にて、2020年1月のカレンダー写真の撮影に挑んだ。

    頂上付近の岩場でクライミングするイモトと絶景を収めることが目的だったのだが、現地では10分おきに変わる不安定な天候にロケ隊が翻弄され、さらにはドラマ撮影とのハードスケジュールをこなすイモトが体調不良を訴えるなど、トラブルが続出してしまう。

    ■体調不良を押して登ったのに…
    登山道を登る計画を変更し、クライミングのポイントまでヘリで移動することとなった一行。しかし、度重なる悪天候でイモトの風邪が悪化してしまった。

    新春スペシャルのトップを飾るプレッシャーや体調の不安、切り立つ崖の恐怖から、クライミング直前にうずくまってしまったイモト。
    加えて、このロケの後で早朝5時から吉川晃司との『下町ロケット』(TBS系)の撮影を控えていることがチラついており、ロケに集中できていない悔しさを泣きながら吐露。

    自分を奮い立たせてなんとか崖を登ったイモトだったが、後日「イメージと違った」という理由で写真が不採用となったことが告げられてしまう。
    イモトはスタジオで目を見開き「えー!」と声を漏らしていた。

    ■「ひどい」「かわいそう…」
    過密スケジュールの中、体調不良を押して過酷な撮影に挑んだにも関わらず、肝心のカレンダー写真が不採用になってしまったイモト。
    一部始終を見届けた視聴者からは「かわいそう」との声が相次いでいる。

    イモトがこれだけ頑張ってクライミングしたのに、番組側が不採用ってひどくない???
    #イッテQ

    ? JUN (@OOJUNGIN) January 6, 2019

    下町ロケットでの新潟での撮影って台風のシーンかな?それで風邪ひいてそのままの状態でイッテQのロケ行ったのに、カレンダー不採用になるとかイモトまじで可哀想

    ? れいな? (@reisan1223) January 6, 2019

    不採用?!イモトが泣いてまで登ったのに…。鬼畜 #イッテQ

    ? 亥娘 (@neko_neko829) January 6, 2019

    ドラマ中にこのロケはあかんやろ…怪我したらどうすんの…しかも不採用て…鬼かよイッテQ…。

    ? micio (@miciovoce) January 6, 2019

    中には「写真は不採用にする必要はなかったと思う」と訴える声も。

    ■努力ではどうにもならないこともある?
    しらべぇ編集部が全国の20~60代の男女1,537名を対象に「努力ではどうにもならないことのほうが多いと思うか」調査を実施したところ、全体で58.8%もの人が該当した。

    「努力は必ず報われる」という言葉もあるが、努力だけではどうにもならない厳しい現実に直面している人は少なくないようだ。

    泣きながら崖登りをしたにも関わらず、残念な結果に終わってしまったイモト。彼女は1月期も北川景子主演『家売るオンナの逆襲』(日本テレビ系)への出演が決まっており、女優と珍獣ハントの多忙な日々はしばらく続きそうだ。

    (文/しらべぇ編集部・もやこ)

    【調査概要】
    方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
    調査期間:2018年10月19日~2018年10月22日
    対象:全国20代~60代の男女1,537名(有効回答数)

    https://news.nifty.com/article/item/neta/12189-20161952915/
    2019年01月07日 16時00分 しらべぇ


    (出典 weblio.hs.llnwd.net)


    【【テレビ】『イッテQ』イモト、過酷ロケで体調不良に…番組の対応がひどい!】の続きを読む



    1 湛然 ★ :2019/01/06(日) 05:27:28.46 ID:CAP_USER9.net

    [ 2019年1月5日 09:29 ]
    常盤貴子「本当に来るんだって…」 夫婦旅行に突然同行してきた有名女優とは

     女優の常盤貴子(46)が4日放送のTBS「A‐Studio」(金曜後11・00)に出演。親友の女優・仲間由紀恵(39)の意外ともいえる、ざっくばらんな素顔を明かした。

     これまでドラマの共演はないにもかかわらず、親しい間柄だという常盤と仲間。かつて、別の女友達を含めた4人で石川県に旅をした時のこと。知り合いの家に泊まった際、6畳の部屋で雑魚寝をすることになったという。
    友人たちが仲間を心配し「ここでも(寝ても)大丈夫ですかね」「近くの宿を取りましょうか」と気遣ったが、本人は「ここがいいじゃない!」と雑魚寝トークを楽しんだという。

     また、常盤が夫婦で旅行に行った際の仲間との面白エピソードも披露した。
    仲間から「近々会えるか?」との連絡が入った際に「あさってから(中国の)上海に行くんだけど、来る?」と社交辞令も兼ねた形で伝えたところ「行きます」と即答してきたという。
    待ち合わせも「搭乗口で大丈夫です」と告げられ、当日は実際に搭乗口で常盤夫妻を待っていたとし、「本当に来るんだって思って」と笑いながら振り返った。

     さらに、現地の宿泊先にはベッドが1台しかなかったことから「夫は横のサンルームみたいなところで寝てもらって、私と由紀恵ちゃんで同じベッドで寝たんです」と常盤。
    MCの笑福亭鶴瓶(67)が「『だったら私、別の部屋をとるよ』とかなかったの?」と尋ねると「ねえ。本当にそう思いました」と返して、再び大笑いしていた。


    Photo by スポニチ

    (出典 www.sponichi.co.jp)


    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/01/05/kiji/20190105s00041000078000c.html


    【【テレビ】常盤貴子(46)「本当に来るんだって…」夫婦旅行に突然同行してきた有名女優とは!?】の続きを読む



    1 湛然 ★ :2019/01/04(金) 04:50:16.74 ID:CAP_USER9.net

    2019-01-04 04:00
    BUMP OF CHICKEN、常盤貴子主演『グッドワイフ』に主題歌提供 “理不尽と戦う応援歌”

     ロックバンド・BUMP OF CHICKENが、13日スタートの常盤貴子主演TBS系日曜劇場『グッドワイフ』(毎週日曜 後9:00※初回25分拡大)の主題歌を手がけたことが4日、発表された。ボーカル&ギターの藤原基央がドラマのために新曲「Aurora」を書き下ろした。

     同ドラマはリドリー・スコットが製作総指揮を務め、2009年から7年間アメリカで放送された『The Good Wife』が原作。法廷ドラマを中心にしながら、政治と家庭の両面を鋭く描き、そのリアリティーと劇的な展開から全米で大人気を博した。人生の岐路に立たされた登場人物たちが、信念やプライドを武器に運命を切り拓いていくリーガルヒューマンエンターテインメントを描く。常盤は『Beautiful Life ~ふたりでいた日々~』(2000年)以来19年ぶりに日曜劇場で主演を務める。

     主題歌は、番組プロデューサーと監督が直接思いを伝え、藤原が書き下ろしたもの。芯の強さを感じさせる歌詞と、優しく背中を押すような藤原の歌声、軽やかで爽快なサウンドスケープが耳に残り、ドラマのストーリーをいっそう盛りたてる。また、TBSの公式YouTubeではスペシャルロング予告動画も公開。主題歌「Aurora」をいち早く聴けるほか、歌詞も掲載されている。

     BUMPは主題歌について「日曜劇場『グッドワイフ』の主題歌オファーをいただきまして、大変光栄に思いました。トレーラー映像の時点で凄くわくわくしました。本編の放送を楽しみにしています」とコメント。

     彼らにオファーした塚原あゆ子監督は「日曜日の夜に、優しい元気をくれる曲だと感じました。そして、力強く明日へ踏み出すためのエールを。叶わなかった願いに、もう一度挑むための勇気をもらえます」と絶賛し、プロデューサーの東仲恵吾氏も「今回快くお受けくださり、しかも藤原さんと話して作品の世界観を直接お伝えした上で、作っていただきました。まさにこのドラマのテーマである“理不尽と戦う主人公への最高の応援歌”となっています」と太鼓判を押している。


    [新ドラマ]『グッドワイフ』スペシャルロング予告動画【TBS】

    (出典 Youtube)


    BUMP OF CHICKEN、常盤貴子主演『グッドワイフ』に主題歌提供

    (出典 contents.oricon.co.jp)

    常盤貴子主演『グッドワイフ』ポスタービジュアル (C)TBS

    (出典 contents.oricon.co.jp)


    https://www.oricon.co.jp/news/2126898/full/


    【【ドラマ】常盤貴子主演『グッドワイフ』に主題歌提供 “理不尽と戦う応援歌”】の続きを読む



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/12/31(月) 16:27:21.68 ID:CAP_USER9.net

    平成最後の大みそかとなる12月31日、こちらも“平成最後”の開催となる『NHK紅白歌合戦』が放送される。

    中でも話題となったのは、ネット上で「シャレが利いてる」「平成最後に合ってるね」などと言われたジャニーズ『Hey!Say!JUMP』の2年連続出場。
    また、今年5月のデビュー曲『シンデレラガール』が新人アーティスト歴代2位の売り上げを記録した『King&Prince』も、デビュー1年目で大舞台に抜擢されたと話題を集めている。

    他にも、ジャニーズ勢は『嵐』『関ジャニ∞』といった人気グループの他、若手から“セクゾ”こと『Sexy Zone』も出場。
    しかし、ジャニーズファンからは「キンプリは分かるけど、何で大して売れてないセクゾが出られるの?」「他にふさわしいグループはあるはず」などといった疑問の声も目立ち、
    具体的に「知名度や売り上げ的には『Kis-My-Ft2』が先」と『キスマイ』を推す声が多く見られている。

    “NHKへの貢献度”が大きなポイントに?
    「まず『紅白』の“ジャニーズ枠”は、2009年以前と以降で分けて考える必要があります。
    というのも、『紅白』は09年に『嵐』が初出場するまで、1994年からの15年間は『TOKIO』と『SMAP』の2組しか出さない制約がありました。
    そのため、97年に『硝子の少年』が179万枚の大ヒットを飛ばした『KinKi Kids』でさえ16年まで出場できず、
    06年のデビュー曲『Real Face』がミリオンヒットで年間1位に輝いた『KAT-TUN』もいまだ出場していません」(ジャニーズライター)

    “2組ルール”撤廃後のジャニーズ枠は、「嵐」が固定化されたのち「関ジャニ∞」も常連グループに。
    さらに『NYC』、「Sexy Zone」といった若手の枠も設けられ、こちらは10万枚台のCD売り上げや“ドームコンサート未経験”にもかかわらず出場している。

    一方、「キスマイ」はデビューから全国でドームライブを開催しており、CD売り上げも毎回20万枚前後の高水準。
    バラエティー番組での活躍でグループの知名度も高いが、それでも紅白に出られない理由は、選考基準としてウワサされている“NHKへの貢献度”が関係しているようだ。

    「『NYC』、『JUMP』、『セクゾ』の共通点は、かつて『光GENJI』が歌った楽曲『勇気100%』をカバーしている点。
    この3組は同楽曲でNHKのアニメ『忍たま乱太郎』のオープニングを務めており、カップリング曲ではエンディングも担当しています。
    こうした“縁”がNHKとしては起用しやすいポイントなのでしょう」(テレビ局関係者)

    人気や実力よりも、結局は“コネ”がモノを言う!?

    http://dailynewsonline.jp/article/1633038/
    2018.12.31 10:32 まいじつ


    (出典 realsound.jp)


    【【テレビ】『紅白』に『Kis-My-Ft2』が出場できない悲しい理由とは!?】の続きを読む



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/12/31(月) 17:44:02.37 ID:CAP_USER9.net

    今や大みそか恒例番組となっている、『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで』(日本テレビ系)の年越しスペシャル、『絶対に笑ってはいけない』シリーズ。

    ダウンタウンら『ガキ使』メンバーが、仕掛けられたトラップで笑ってしまうと罰ゲームを受けるという企画で、毎年いろいろな趣向が凝らされていることが話題になる。
    2018年末は『絶対に笑ってはいけないトレジャーハンター24時!』と題し、新人トレジャーハンターにふんした『ガキ使』メンバー5人が、訓練や研修に挑む。

    毎年この番組を楽しみにしている人たちも多いことだろう。
    そこで今回は、10~50代の男女200人に、これまで放送された年末のシリーズの中で「一番面白かった『笑ってはいけない』」についてアンケート。
    ここでは、みんなが選んだ上位5つをご紹介!

    まず、第4位(7.5%)は、『絶対に笑ってはいけない地球防衛軍24時』と『絶対に笑ってはいけないホテルマン24時』の2つが同率でランクイン。

    2013年に放送された『絶対に笑ってはいけない地球防衛軍24時』は、地球防衛軍の新人隊員にふんしたメンバーたちが研修に参加。
    スペシャルゲストとして、当時、プロ野球広島東洋カープの選手で、現在メジャーリーグのロサンゼルス・ドジャーズで活躍中の前田健太が登場し、注目を集めた。

    2009年に放送された『絶対に笑ってはいけないホテルマン24時』は、メンバーが新人ホテルマンとしてホテルに入社、数々のミッションに臨むという内容。

    同作では、タレントのジミー大西がクレーム処理係のホテルウーマンにふんしたり、歌手の森昌子の登場が話題になった。
    結婚披露宴のシーンで、ココリコの遠藤章造の、実弟が登場した。

    第3位(12.3%)には、2017年放送の『絶対に笑ってはいけないアメリカンポリス24時』がランクイン。

    メンバーは、新米アメリカンポリスにふんする。
    同シリーズではメンバーのココリコ田中直樹が理不尽にタイキックを受けることがお約束となっているが、
    今作ではタレントのベッキーが2016年に発覚した不倫騒動の“みそぎ”としてタイキックの餌食になり、そのインパクトの強さに視聴者は騒然となった。

    第2位(14.9%)は、2007年に放送された『絶対に笑ってはいけない病院24時』。

    病院を舞台に、ナースにふんしたメンバーたちが奮闘した。メンバーの月亭方正がプロレスラーの蝶野正洋から理不尽なビンタを浴びる“蝶野ビンタ”が初めて登場、その後シリーズの定番となっている。

    そして第1位(34.7%)に選ばれたのは、2006年に放送された『絶対に笑ってはいけない警察24時!!』。

    大みそか特番となったシリーズ最初の回で、メンバーが新人警察官にふんし、研修に参加。
    引き出しを開けるとネタが仕込まれている“机トラップシリーズ”は、ここからスタートした。
    基本的に笑ってはいけないルールだが、「交通機動隊訓練」の場面では笑ってもOKで、悲鳴を上げたらアウトという特別ルールのもと、
    過激なドライブ走行に悲鳴を上げたダウンタウン浜田雅功らが罰ゲームを受けていた。

    毎回、思わぬ大物芸能人がゲスト出演することでも話題の『笑ってはいけない』シリーズ。
    2017年『絶対に笑ってはいけないアメリカンポリス24時』では、俳優の西郷輝彦や、山崎賢人、ムロツヨシなどの登場が話題になった。
    2018年にはどんなゲストや仕掛けが飛び出すのか、今から楽しみだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1631549/
    2018.12.30 08:30 日刊大衆


    (出典 Youtube)

    田中直樹 タイキック

    前スレ
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1546131935/


    【【テレビ】『絶対笑ってはいけない』シリーズ、歴代で一番面白かった回は?】の続きを読む

    このページのトップヘ