ちょっと気になる 芸能NEWS!

芸能に関するニュースや芸能人の噂などを伝えていきます。

    スポーツ



    1 THE FURYφ ★ :2019/06/16(日) 16:22:31.90 ID:ukyBfqhu9.net

    ◇レスリング全日本選抜選手権 最終日(2019年6月16日 東京・駒沢体育館)

    女子57キロ級決勝は、五輪4連覇中で全日本選手権覇者の伊調馨(35=ALSOK)が、リオ五輪63キロ級金メダルの
    川井梨紗子(24=ジャパンビバレッジ)に4-5で敗れ、この大会での世界選手権(9月、カザフスタン)切符獲得はならなかった。

    3位に終わった4月のアジア選手権後は、「自分のレスリングを心掛けることを第一に考えてきた」といい、師事する田南部力コーチの
    求める高い技術的課題に取り組んできた伊調。第1ピリオドは、消極的として、30秒以内に点が動かないと相手に得点が入る
    アクティビティータイムから1点を失い、0-1で終わると、第2ピリオドでは立て続けに失点して0-5に。それでも残り1分20秒から
    猛追し1点差まで迫ったが及ばなかった。

    昨年12月の全日本選手権決勝の再戦。その際、残り10秒からの逆転負けを喫し、この日でのリベンジを期した川井梨の前に、屈した。

    伊調と川井梨は来月6日のプレーオフで再戦し、勝った方が世界代表となる。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190616-00000193-spnannex-spo


    (出典 news.nifty.com)


    【【レスリング】伊調馨、全日本選抜選手女子57キロ級決勝で川井梨紗子との“五輪王者対決”敗れる 世界切符懸け来月プレーオフ】の続きを読む



    1 Egg ★ :2019/06/09(日) 07:03:48.58 ID:uV/tvz3k9.net

    陸上・全米大学選手権(7日、テキサス州オースティン)男子100メートル決勝で20歳のサニブラウン・ハキーム(フロリダ大)が追い風0.8メートルの条件下、9秒97の日本新記録をマークした。2017年9月に桐生祥秀(23)=当時東洋大、現日本生命=が出した9秒98を0秒01更新し、日本勢初となる2度目の9秒台で3位。200メートルでも追い風0.8メートルで日本歴代2位の20秒08で3位となった大器が、2020年東京五輪ファイナリストへ弾みをつけた。

     日本の20歳が陸上大国の歴史にその名を刻んだ。好敵手と競り合いながら、サニブラウンが疾走する。「9秒97」。日本勢初となる2度目の9秒台。日本最速の称号をつかんで口にした言葉に大物感が漂った。

     「あまり実感はない。(後半に)ちょっとストライドが伸びてしまった。もうちょっと、いいタイムが出たと思う」

     晴天、湿度45%、追い風0・8メートルと好条件が整った。2走を担った400メートルリレーで今季世界最高の37秒97を出してから50分後。9秒台の自己記録を持つ選手が4人そろう100メートルのスタートラインに立った。

     号砲の反応速度は8人中7番目の0・198秒。出足の遅れを取り戻すように、中盤から加速する。今季世界最高に並ぶ9秒86で制したテキサス工科大のディバイン・オドゥドゥル(22)=ナイジェリア=らを捉えきれなかったが、勢いよくゴールへ。学生の世界最高峰ともされるレースで表彰台に立ち「日本でこんな体験はめったにできない。こっちに来て良かった」と汗を拭った。

     かつてのこの大会の王者で、五輪での金メダル量産で日本でも有名なカール・ルイス氏(57)は「彼は素晴らしいアスリート」と高く評価した。現在は母校、ヒューストン大のコーチを務めており、現地でレースを見守った。「この大会は過小評価されているが、世界大会と同じくらいの大会。ここでうまくやれたら、他でもやれる」と今後の活躍に太鼓判を押した。

     サニブラウンが東京・城西高2年時の2015年7月に出した100メートルの自己ベストは10秒28。わずか4年で0秒31もタイムを縮めた。強豪フロリダ大では、多くの五輪メダリストを育てた米国出身のマイク・ホロウェイ監督に師事。「(日本と)考え方が全く違う」という“短時間集中型”の個別メニューで、苦手なスタートを中心に鍛えてきた。同僚のグラント・ホロウェイ(米国)は男子110メートル障害で今季世界最高の12秒98をマーク。恵まれた環境で力を伸ばし「いろいろな人がいてここまで来られた」と感謝する。

     条件は異なるが、16年リオデジャネイロ五輪に当てはめれば9秒97は7位に相当する。日本勢における五輪の100メートル決勝進出者は、1932年ロサンゼルス大会で6位入賞した「暁の超特急」こと吉岡隆徳ただ一人だ。

     100メートル決勝からわずか45分後に行われた200メートル決勝で、日本歴代2位の20秒08をたたき出し、3位に入った。自己ベストを0秒05更新。日本勢初の19秒台をうかがう勢いで、リオ五輪に当てはめれば20秒08は3位に相当する。1時間半で臨んだ3レースで強烈なインパクトを残した。

     2020年東京五輪では100メートルで日本勢88年ぶり、200メートルで初の決勝進出に期待が高まる。「まだ今後も速いタイムが出ると思っているので、その都度更新していければ」とサニブラウン。目標は「地上最速」と語る若き怪物の可能性は限りない

    6/9(日) 7:00配信 サンスポ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190609-00000007-sanspo-spo


    (出典 www.jaaf.or.jp)


    【【陸上】サニブラウンが日本新9秒97!カール・ルイス氏絶賛!】の続きを読む



    1 鉄チーズ烏 ★ :2019/06/01(土) 20:42:22.76 ID:tZIKRWY39.net

    ITTFワールドツアー・プラチナ 中国オープン<5月28日~6月2日 深セン>大会5日目の6月1日、女子シングルス準々決勝が行われ、伊藤美誠(スターツ/世界ランク7位)が元世界女王、世界ランク1位の丁寧(中国)を下し、準決勝進出を決めた。

    第1ゲームから白熱の試合展開となった一戦。0-1から伊藤が7本連取で7-1と大量リード。フォアハンドの強打が好調で、得意のミマパンチが炸裂。このままゲーム奪取となるかと思われたが、丁寧がまさかの10本連取で逆転し、7-11で伊藤はゲームを落としてしまう。

    しかし第2ゲームから伊藤が反撃に出る。5-8でリードを許すも5本連取で逆転し、12-10で奪い返す。サービスでの立ち位置を積極的に変えて、レシーブを崩していく非常にクレバーな戦いぶりを見せる。

    第3ゲームはこの戦い一番のデッドヒートに。ジュースに突入し、互いにゲームポイントを潰し合う展開になったが、伊藤にとって5回目のゲームポイントとなった17-16で、丁寧がまさかのサービスミス。18-16で伊藤が第3ゲームを取る。

    第4ゲームは、強打に加えて、ストップも織り交ぜ、緩急で相手を振り回す伊藤。レシーブでも回り込んでフォアドライブを決めるなど、さらなる強気のプレーを見せて、このゲームも13-11で伊藤が取る。

    ゲームカウント3-1と伊藤リードで迎えた第5ゲームは、伊藤が6-0と突き放す。ただし、このまま終わらないのが女王・丁寧で、伊藤の強打をしのいで7本連取で逆転。しかし、伊藤が7-8から3本連取で再逆転し、11-9で勝利。

    多彩なサービス、そして驚異的なフォア強打で“大魔王”伊藤が、女王・丁寧を地元中国で下すという値千金の一勝を挙げた。

    「1本1本取るのがものすごく難しい選手で、一点をどう取るの*ごく考えました」と試合後、伊藤は笑顔でコメント。このまま、優勝まで突き進めるか。

    【ITTFワールドツアー・プラチナ 中国オープン】
    <女子シングルス準々決勝>
    伊藤美誠 4-1 丁寧(中国)
    7-11/12-10/18-16/13-11/11-9


    6/1(土) 20:16配信 テレビ東京スポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190601-00010001-tvtokyos-spo


    (出典 www.asahicom.jp)


    【【卓球】伊藤美誠がリオ金・世界ランク1位の丁寧に大勝利!】の続きを読む



    1 峠 ★ :2019/05/18(土) 20:46:22.60 ID:CAP_USER.net

     平昌五輪女王で世界選手権を制したフィギュアスケートのアリーナ・ザギトワ(17)=ロシア=が
    18日、自身のインスタグラムを更新し、新たな水着姿を公開した。12日に公開した水着姿の写真と
    同じ海岸で撮影したものとみられるが、青い遠浅の海をバックに、今回は砂浜に両脚を投げ出した
    全身が映っている。

     本人の付けたタイトルは「休日の素晴らしい時間」。この言葉をロシア語、英語、日本語の3か国語でつづり、
    「#太陽」「#海」「#休日」などハッシュタグ付きの日本語も織り交ぜている。日本のファンを強く意識しているようだ。

     ザギトワは前回の水着写真公開時に「たくさんリクエストを頂いた」ことを明らかにしていた。今回の投稿には
    日本時間18日夜の時点で9万4000件を超える「いいね!」が寄せられている。

     本人は触れていないが、この日は17歳の誕生日。このことを知るファンから、日本語も含めて
    「お誕生日おめでとうございます」などのコメントも殺到している。

    インスタグラムより@azagitova

    (出典 hochi.news)


    ソース スポーツ報知 05/18 20:29
    https://hochi.news/articles/20190518-OHT1T50194.html


    【【フィギュアスケート】ザギトワ、17歳の誕生日に全身の水着姿を公開!】の続きを読む



    1 鉄チーズ烏 ★ :2019/05/13(月) 18:50:30.97 ID:QBM4NAYl9.net

     平昌五輪フィギュアスケート女子金メダリストのアリーナ・ザギトワ(16=ロシア)が13日、インスタグラムを更新した。

     ビーチでの写真を投稿し、ザギトワはリンク上のあでやかな衣装を脱ぎ捨て、黒ビキニ姿を披露した。

     日本ではあまりなじみのない編み上げビキニ(レースアップビキニ)で、胸元は超セクシー。たまらない色気だ。

     写真は4枚も掲載され、フォロワーからは「可愛いというよりも美しすぎます!」「女神」「デートして」「ありがとう」など多くの反響が寄せられている。

     ザギトワは3月の世界選手権(さいたまスーパーアリーナ)女子シングルで初優勝。今はオフを満喫しているようだ。

     18日には17歳の誕生日を迎える。


    2019年05月13日 08時42分
    https://www.tokyo-sports.co.jp/sports/figure-skating/1391229/

    (出典 img.tokyo-sports.co.jp)


    Instagram
    https://instagram.com/azagitova


    【【フィギュアスケート】16歳の完璧ボディーのザギトワ、ビキニ姿を4連投!】の続きを読む

    このページのトップヘ