ちょっと気になる 芸能NEWS!

芸能に関するニュースや芸能人の噂などを伝えていきます。

    スポーツ



    1 ばーど ★ :2018/11/13(火) 12:16:29.30 ID:CAP_USER9.net

    エンゼルスの大谷翔平選手(24)が12日(日本時間13日)、米国で最も権威のある全米野球記者協会による新人王に選出された。投打二刀流の選手では史上初の受賞。日本人選手では95年野茂英雄投手(ドジャース)、00年佐々木主浩投手(マリナーズ)、01年イチロー外野手(マリナーズ)に次いで、17年ぶり4人目の快挙となった。

     メジャーでも前代未聞だ。打者として22本塁打、投手として10試合に登板して4勝(2敗)をマークした大谷が、1947年に始まった米国で最も権威がある全米野球記者協会選出の新人王に輝いた。

     大谷はベースボール・アメリカ紙、ベースボール・ダイジェスト誌、USAトゥデー紙でも新人王に選ばれたが、スポーティングニューズ紙だけは27本塁打、92打点をマークしたヤンキースでのM・アンドゥハー内野手(23)を選出していた。

     各フランチャイズ2人ずつ計30人の記者投票中、1位票を25票獲得。5票しかなかったアンドゥハーを圧倒。合計ポイントでも137票を獲得。アンドゥハーの89ポイントを大きく引き離し、日本人4人目の快挙を成し遂げた。


     マイナー契約の招待選手として参加したオープン戦は、2試合に登板も2回2/3で9失点。打っても32打数4安打で長打は0、打点もわずか1と振るわなかった。それでも、エンゼルスは素質を高く評価。3月28日にメジャー契約を結んだ。

     ステップせず、すり足にしたフォームで迎えた開幕のアスレチックス戦。初打席初安打を右前に運んだ。初登板となった4月1日の同じカードでは6回を3安打3失点にまとめ、初勝利をマークした。

     本拠開幕戦の4月3日インディアンス戦からは驚異の3試合連続ホームラン。8日のアスレチックス戦では7回を投げ、1安打12奪三振で2勝目を挙げて一気に全米の注目を集めた。

     4月2日から8日までの週間MVPを受賞すると、4月の月間最優秀新人にも選出された。しかし、6月6日ロイヤルズ戦で右肘を痛め、8日から故障者リスト入り。PRP注射の治療を受けて登板を回避していたが、7月3日以降はDHや代打として復帰した。9月には再び3試合連続本塁打を放つなど、2度目の月間最優秀新人に選出。03年の松井秀喜外野手(ヤンキース)が記録した16本の日本人選手1年目の本塁打数を22本まで大きく塗り替えたのが、新人王受賞の決め手になった。

     3か月ぶりの復帰登板で再び肘を痛め、最終的にトミー・ジョン手術を決断。シーズン終了直後に手術を受けたが、二刀流としての活躍でメジャーの歴史に大きな1ページを飾ったことは間違いない。

     ◆大谷 翔平(おおたに・しょうへい)1994年7月5日、岩手・水沢市(現奥州市)生まれ。花巻東高出身。メジャー希望も2012年ドラフト1位で指名された日本ハムに入団。14年、プロ野球史上初の同一シーズンでの2ケタ本塁打と2ケタ勝利を達成。16年にも10勝、22本塁打をマークしてパ・リーグ優勝と日本一に貢献。リーグMVP、史上初めてベストナインの投手とDHの両部門を同時受賞。同年CSのソフトバンク戦でプロ野球最速の165キロをマーク。昨年12月、ポスティングシステムでエンゼルス入り。193センチ、91キロ。右投左打。

    11/13(火) 9:10
    スポーツ報知
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181113-00000059-sph-base

    関連スレ
    【速報】大谷翔平、新人王 日本人17年ぶり4人目の快挙
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1542066553/

    ★1が立った時間 2018/11/13(火) 08:49:13.68
    前スレ
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1542069433/


    (出典 imgcp.aacdn.jp)


    【【MLB】大谷翔平(24)新人王!イチロー以来の日本人17年ぶり4人目!】の続きを読む



    1 豆次郎 ★ :2018/11/12(月) 14:47:10.50 ID:CAP_USER9.net

    <錦織圭 2-0 R・フェデラー>
    7-6(7-4)
    6-3

    11/12(月) 6:39配信
    【速報】錦織 4年8ヶ月ぶりにフェデラー撃破。グループステージ突破へむけ好スタート[Nitto ATPファイナルズ]

    男子ツアー最終戦「Nitto ATPファイナルズ」(イギリス・ロンドン/11月11~18日/室内ハードコート)の大会1日目、グループステージ「レイトン・ヒューイット」第1戦で、錦織圭(日本/日清食品)がロジャー・フェデラー(スイス)と対戦。7-6(4)、6-3で錦織が勝利し、初戦を白星で飾った。錦織がフェデラーに勝利したのは2014年の「ATP1000 マイアミ」以来、約4年8ヶ月ぶりとなる。


    第2セットは錦織のサービスゲームから。第1ゲームで0-40とこの試合初のブレークポイントを握られた錦織は、1本をしのぐもブレークを喫し、1ブレークダウンとされた。しかし、第2ゲームで錦織がブレークバックに成功し、ゲームカウント1-1とした。第3ゲームでもデュースに持ち込まれたが、フェデラーのミスにも助けられて錦織がキープした。

    お互いにキープして迎えた第6ゲーム、フェデラーのサーブミスが続いて30-40と錦織にブレークのチャンスが訪れると、この好機を逃さずにブレークに成功し、1ブレークアップとした。さらに第7ゲームをラブゲームでキープし、ゲームカウント5-2とした。

    第8ゲームではブレークのチャンスを作ることができなかったが、続く第9ゲームが錦織のサービング・フォー・ザ・マッチとなった。ここでも錦織はフェデラーにチャンスを作らせずにキープし、第2セットを6-3で奪ってフェデラーに勝利し、好スタートを切った。

    両者は次戦でケビン・アンダーソン(南アフリカ)、ドミニク・ティーム(オーストリア)のどちらかとそれぞれ対戦する。

    (テニスデイリー編集部)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181112-00000003-tennisd-spo

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    ★1がたった時間:2018/11/12(月) 06:41:45.85
    ※前スレ
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1541972356/


    【【テニス】錦織圭がフェデラーにストレート勝利!】の続きを読む



    1 Egg ★ :2018/11/10(土) 18:38:51.73 ID:CAP_USER9.net

    フィギュアスケート・グランプリ(GP)シリーズ第4戦NHK杯第2日(10日、広島県立総合体育館)女子フリーで、ショートプログラム(SP)5位の紀平梨花(16)=関大KFSC=がフリー1位の154・72点をマーク。合計224・31点で初優勝を飾った。2位の宮原知子(20)=関大=は219・47点で2位、3位の三原舞依(19)=シスメックス=は204・20点で4位だった。SP首位のエリザベータ・トゥクタミシェワ(21)=ロシア=が219・02点で2位だった。

     鮮烈なGPデビューを飾った。紀平は冒頭に入れたトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)-2回転トーループを成功させると、単独の3回転半も着氷。前日のSPは空中姿勢のゆがみを立て直せずに転倒し、回転不足も取られた大技を決めると、ジャンプの基礎点が1・1倍になる後半も手堅くまとめ、驚異のスコアをたたき出した。

     14歳だった2016年9月に国際スケート連盟(ISU)公認大会で初めて3回転半を成功させると、昨年12月のジュニアGPファイナルでは女子で世界初となる3回転半-3回転トーループの2連続ジャンプを決める快挙を達成した。

     4日までの西日本選手権ではショートプログラム、フリーで計3度の3回転半を決め、同じ構成で今大会に臨んだ。強敵のロシア勢にも臆することはなかった。磨き上げてきた代名詞を日本開催の大舞台で決め。底知れぬ潜在能力をみせた。

    11/10(土) 18:35配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181110-00000575-sanspo-spo


    (出典 i.pinimg.com)


    【【フィギュア】紀平梨花(16)逆転でGPデビュー戦V!SP5位も2度の3回転半成功!】の続きを読む



    1 Egg ★ :2018/11/04(日) 23:40:27.10 ID:CAP_USER9.net

    ITTFワールドツアー「スウェーデンオープン」<10月29~11月4日/ストックホルム>女子シングルス決勝、
    伊藤美誠(スターツSC/世界ランク7位)が世界ランク1位の朱雨玲(中国)を終始圧倒して4-0のストレートで破り、優勝を果たした。

    伊藤は準々決勝で世界ランク6位の劉詩ブン(中国)、準決勝では五輪で2度の金メダル、
    世界卓球を3度制している世界ランク2位の世界女王・丁寧(中国)を破っており、圧倒的強さを誇る卓球帝国のトップ選手に3連勝を飾る快進撃で栄冠を手にした。

    ITTFワールドツアー スウェーデンOP
    【伊藤美誠勝ち上がり】

    <女子シングルス 決勝>
    伊藤美誠 4-0 朱雨玲
    11-3/11-3/11-5/11-8

    <女子シングルス 準決勝>
    伊藤美誠 4-2 丁寧
    3-11/7-11/12-10/11-6/11-9/11-8

    <女子シングルス 準々決勝>
    伊藤美誠 4-3 劉詩ブン
    12-10/7-11/7-11/5-11/13-11/11-4/11-8

    <女子シングルス 2回戦>
    伊藤美誠 4-3 フォン・ティエンウェイ
    2-11/9-11/12-10/11-6/5-11/11-5/11-9

    <女子シングルス 2回戦>
    伊藤美誠 4-3 フォン・ティエンウェイ
    2-11/9-11/12-10/11-6/5-11/11-5/11-9

    <女子シングルス 1回戦>
    伊藤美誠 4-1 張薔
    11-9/11-4/6-11/11-3/11-8

    写真
    (出典 amd.c.yimg.jp)


    11/4(日) 20:21配信 テレビ東京
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181104-00000218-sph-ent


    1 名前:Egg ★[] 投稿日:2018/11/04(日) 20:29:18.55
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1541330958/


    【【卓球】伊藤美誠、世界ランク1位の朱雨玲(中国)を破り優勝!】の続きを読む



    1 このもん ★ :2018/11/04(日) 14:36:09.75 ID:CAP_USER9.net

    ダンカン、ソフトバンク日本一に異議「認めん!」

    たけし軍団のダンカン(59)が、プロ野球日本シリーズでソフトバンクが日本一になったことを受け「この日本一は認めん!」と異議を唱えた。

    パ・リーグ2位から勝ち上がったソフトバンクがセ・リーグ3連覇の広島を2-0で下し、2年連続9度目の日本一に輝いたが、ダンカンは3日、「世の中おかしいぜー!」のタイトルでブログを更新。「2位が優勝チームに勝って日本一って・・例えルールもお天道さまも許しても昭和の野球小僧のオレは許さねー!」との思いをつづった。

    続けて「せめて、日本選手権シリーズでもアドバンテージを付けるとか?」と提案。大の虎党として知られるダンカンだけに、セ・リーグ覇者が日本一になれなかったことに、「とにかくオレはこの日本一は認めん!」と悔しさをあらわにした。

    https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201811040000332.html

    (出典 www.nikkansports.com)


    【【芸能/野球】ダンカン(59)ソフトバンク日本一に異議「認めん!」】の続きを読む

    このページのトップヘ